ビフォーアフター社長日記

人々が幸せになる住まいと暮らしの文化(ハッピーライフ)を創造する。

香港国際マラソン2015


昨日は香港国際マラソン2015に参加しました。私が出たのは半馬拉松(ハーフマラソン)ですが。

スタート地点は尖沙咀ミラモールの前でこの前までSHIP香港の事務所を借りていた辺りでした。ネイザンロードを北に向かって途中からハイウェイに乗って 行きます。ハイウェイからの風景を称してスカイランニングと言うのだそうですが、僕はスタートが5時30分だったので真っ暗で何も見えませんでした。 7Kmくらい走ったところで折り返して、香港島方面に向けて南下します。リッツカールトンホテルが入っているICCビルが見えるくらいになったところで明 るくなりかけてきました。

九龍半島と香港島は普段はフェリーか海底トンネルで渡るのですが、当然マラソンは海底トンネルを走ります。ハーフだと入り口付近で13Km、出口で 15Kmでしたからトンネルは2Kmということになります。ハイウェイの高いところで海抜20Mくらい、海底トンネルの一番深いところでは海抜マイナス 30Mくらいということです。トンネル後半からは当然のことながら登り坂です。これがトンネルを抜けてからも延々と続き、個人的には唯一の「難所」でし た。それから上環、セントラルの高層ビル群を抜けて、先日までデモ隊が占拠していた金鐘を走り、湾仔を通り、ゴール地点のビクトリアパークまで走りました。

10Km、ハーフ、フルマラソンと合計すると参加者は73,000人だそうです。とても機能的に運営されていたという印象です。終わったあと、フルマラソ ンに参加された方々と飲茶を楽しみましたが、みんな走っている最中は「もう嫌だ」と思いつつ、ゴールすると「また走りたい」ということでした。マラソンに はこのような不思議な懲りない病を引き起こす何かがあるのですね。


コメントを残す

Your email address will not be published.

*