ビフォーアフター社長日記

世界一のDERUKUIになり、お客様と社会の向上に貢献します

コロナ禍中に学ぶWeb成功法則「GANBAA」(第2回/全6回)


前回はコロナ禍中で、住宅リフォームにおいても顧客がお金を使うときの行動が一気に進み、チラシなどのアナログ媒体は、反響の主体からWebサイトで比較検討するきっかけに変わっていってますという話をさせていただきました。気になることがあればスマホで検索して小さな画面を通して調べる。実物を見て手にとって感触を確かめレジに向かわずスマホで検索して小さな画面でその商品を調べる。もはや生活習慣といえるこの行動が定着した時代をGoogle社命名のZMOT(*1)時代と呼ぶことにします。

ZMOT時代、すべての住宅リフォーム会社様習得いただきたいのがWeb成功法則「GANBAA」です。なじみのない固有名詞が出てくると引き気味になるかもしれませんが、AIDMA(アテンション・インタレスティング・欲求・記憶・行動)のように考え方のフレームとして活用いただくとWeb運用が関係者内で共通言語化され、課題が見える化され、目標が数値化され、改善スピードが上がりますのでお試しください。

AIDMA同様「GANBAA」も分解された要因の頭文字を並べたものです。
Goal  成果目標
Advantage 優位性設計
Numbers  試行回数
Benefit 顧客メリット
Analytics 分析・評価
Adjust   修正
ここまではなんとなくわかると思います。
例えば、成果目標を反響数にします。反響数は、数×反響率ですが、GANBAAにあてはめると下記になります。
Goal反響数=Advantage優位性設計×Numbers試行回数×Benefit顧客メリット
計測の結果とスマホの画面で検索して視認、導線チェックと他社サイトとの比較を行いAnalytics分析・評価、そのうえでの各項目の修正、場合によっては目標や戦略、予算までAdjust修正して実行というセットで回していきます。(次回に続く)

*ZMOT(Zero Moment of Truth)、第1回参照


コメントを残す

Your email address will not be published.

*