ビフォーアフター社長日記

世界一のDERUKUIになり、お客様と社会の向上に貢献します

お客様に喜んでいただくコロナ対策のアイデア


普段はポケットティッシュを配っていることの多い朝の駅構内で、今日(3月19日)はおしぼりと小さなパンフレットを渡されました。電車に乗ってからググってみると、どうやら抗菌性能のあるおしぼりで、以前から営業活動をされている商品でした。
新型コロナウイルス感染症で除菌や抗菌に関心を集めている時期ですので、おそらく従来からの取引先からの受注も増えていると思いますが、ここがチャンスとばかりに、想像ですが増産体制を整えて、人の集まるところで現物を配って認知度を一気に上げる作戦なのだと思います。

マーケット感覚が抜群です。


僕の知り合いのクリーニング屋さんは、店頭に「お掃除応援・除菌・次亜塩素酸水・厚生労働省推薦※噴霧の際は必ずマスク等を着用ください」というラベルを貼った200mlのスプレーボトルを置いて、無料で配っています。来店される方の平均5割が持ち替えられるそうです。

「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 ご家庭内でご注意いただきたいこと」

  • 共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
  • 物に付着したウイルスはしばらく生存します。
  • 家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください。目安となる濃度は0.05%です(製品の濃度が6%の場合、水3Lに液を25mlです)。

厚生労働省のホームページにある市販の「市販の家庭用塩素系漂白剤」は、例えば「ハイター」などがそれにあたります。先ほどのクリーニング屋さんは水1リットルに対し、キャップ1杯(25ml)の割合で希釈しています。
600mlの市販のハイターで24リットル分、200mlのスプレーボトル120本分ができます。それにラクスル(ネット印刷)で頼んだラベルを貼って出していますので、コストは大きなものではありません。今ならとても喜ばれます。


弊社では以前、お掃除用のアルカリ電解水をお客様への贈答品・ご挨拶ツールとして販売していたことがあって、最近でも4件のお客様から問い合わせをいただきました。
僕がお勧めするのは、先のクリーニングさんのように、市販の家庭用塩素系漂白剤を希釈したものをそれぞれの会社が作って、ラクスルでラベルをつくって貼って、サービス品にしてお客様に提供すればいいと思っています。コストも安いし、厚生労働省指針準拠です。

スプレーボトルが見つからなかったら、手配できます。200ml、300ml、100本単位で送料別で@100円でよろしければ、お問い合わせください。


コメントを残す

Your email address will not be published.

*