ビフォーアフター社長日記

人々が幸せになる住まいと暮らしの文化(ハッピーライフ)を創造する。

素直・プラス思考・勉強好き


 自分の欲しいものがわかっている人は、他人の持っているものをうらやましがったりしないものです。欲しいものを得るための武器(戦闘力)をよりよくすることに関心が向いているからです。

 僕の勉強会でも、起業前に大手の住宅会社でトップセールスを続けていた人が「なぜそこまで頑張ったのか?」という質問を受けて、「まずは認められたかったから」と迷いなく答えていました。その方はまさかの勤務先の倒産をきっかけに独立したのですが、今でも「売りたい家」「買っていただきたいお客様」「一緒に仕事する仲間」といった欲しいものが明確ですし、武器を磨くために毎月の勉強会は欠かしません。

 新卒(大卒、短大卒)で入社した会社を3年以内で辞める割合は全体ではだいたい35%(厚労省より)ですが、それは全体の比率であって、従業員数100人以下だと約50%程度になります。我が社もその例に漏れません。転職がその人の将来を明るくするものであれば良いとは思いますが、僕は単純に「もったいないな」と思います。もちろん「厭なこと」を避けることを優先することも、一度しかない人生では大事なことだと思いますが、どこにいようが「欲しいもの」は考えて、追求し続けないと手に入りませんが「厭なこと」は何もしなくても周到に用意されます。筋トレをしないと筋肉はすぐにどこかに行ってしまいますが、贅肉はいつまでもお腹の周りに居続け、隙あらば増殖するのに似ています(と自嘲気味につぶやいておきます)。
 
 2019年4月入社内定者の入社前研修を行っていますが、その準備をする中で思い出したのが、船井総合研究所創業者 故船井幸雄さんの成功の3条件「素直・プラス思考・勉強好き」でした。船井幸雄記念館のホームページから引用します。

0831_2

●素直
すなおとは、否定せず、こだわりを持たず、ありのままを受け入れることです。

●プラス発想(思考)
うれしいときやワクワクしているときは物事を前向きに捉えられるものです。
大事なことは、つらいときやイヤなときにもプラス発想できること。
よいことも悪いこともすべてを含めてありのままを包み込めばうまくいきます。

●勉強好き
勉強好きとは、知らないものを知りたいと思う心です。「なぜ?」という疑問が生まれた時が1番のチャンス。
好奇心を持ってその先を調べてみましょう。
 
 頭では理解できます。しかし僕自身、普段の心持ちがそうかといえばお恥ずかしいことばかりです。内定者と一緒にあらためて勉強していこうと思った「成功の3条件」です。


コメントを残す

Your email address will not be published.

*