ビフォーアフター社長日記

人々が幸せになる住まいと暮らしの文化(ハッピーライフ)を創造する。

ダークサイドに立ち向かうレジスタンス採用


7月1日時点での来年4月に入社予定の内定者さんにお集まりいただき内定証を授与しました。

http://toyokeizai.net/articles/-/119847
過去最高の売り手市場なんだそうですが、東京都の有効求人倍率は2.02倍ということですので、採用する側としてはより強い動機に絞っていくしかないです。

13584993_1025321474216135_5490406069586456372_o

今回の新卒採用においては、「住宅」が今後迎えるダークサイドを解決するレジスタンスになろうという呼びかけで行ってきました。レジスタンス志望の8名に「ダークサイドに立ち向かうプレゼン」をしてもらったら全員が「空き家問題」を取り上げていました。空き家問題はわかりやすいですね。2033年空き家は2000万戸になるという予想もあります。全住宅戸数は6000万戸ですから、17年後には3軒に1軒は空き家になることが予想されているということです。これをダークサイドに言わずして何がダークサイドなのかというくらいのインパクトです。

AI(人工知能)が実用化してくると、AIに置き換わる仕事も増えてくると思います。ボーダーレス市場では新興国人材との競争はなかなか厳しいと思います。これから職業人になる人はそんな未来を前提にして将来設計をする必要があります。

デルクイ(出る杭)として若いうちからお客様に当たっていくのがそうした未来への「解」だと思います。


コメントを残す

Your email address will not be published.

*